ツイッターでつぶやいても、ほとんど反応がなくてガッカリ…。どうすればもっといいねやリツイートをしてもらえるのかわからない。
そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、会社のアカウントを運営して発見した、いいねやリツイートなど、つぶやきの反応率を表す「エンゲージメント率」を約3倍に増やした実例を紹介しています。

少しの工夫で反応がガラッと変わります。ぜひ参考にしてみてください。

minneバナー

反応率を高める投稿のポイント

いいねやリツイートなど、アクションを増やしてエンゲージメント率を上げるためには、3つのポイントがあります。

  1. 反応率を決めるのは写真が9割
  2. 文章は細かくして脳にやさしく
  3. 人が集まる時間帯を狙ってツイート

順番にそれぞれのポイントを紹介します。

反応率を決めるのは写真が9割

3つのポイントの中で効果絶大なのが、投稿写真です。反応率を左右するのは9割が投稿写真と言ってもいいぐらいです。

こちらをご覧ください。
会社で運営しているアカウントなのでイメージ図でお伝えします。
これまではツイートを投稿するときはデフォルトの設定のままでした。

01
文章と小さめのサムネイル画像ですね。

文章は変えずに、ブログ記事のタイトルを載せた大きい画像に変更しました。

02

すると、エンゲージメント率が1.18%から3.5%約3倍にアップしました。

効果が良くなった理由は簡単です。
ツイッターのタイムラインには日々膨大なツイートが流れています。
スマホの小さい画面を流し見していると、文字だけの投稿はどうしても目立ちにくいんですよね。

03

大きな画像を載せることはもちろんですが、写真にタイトルを載せることで、今までスルーされてしまった投稿も見てもらえる確立がグッと上がります。

Point

人は基本的に楽をしたい生き物。小さい文字の中から情報を見つけ出すよりも、画像にタイトルが載っているとパッと目を引くので頭に入りやすくなります。

無料で簡単にデザインができるサイト「Canva(キャンバ)」

目立つ画像を載せることが重要だとわかっても、Photoshopなどの画像編集ツールは高いし使い方も難しくて手が出ない…。
そんな人は誰でも簡単にデザインできちゃうCanva(キャンバ)を試してみてください。
Canvaはパソコンでもスマホでも使えるグラフィックデザインツールです。

Canva(キャンバ)の詳細と使い方はこちらのサイトを参考にしてみてください。
▼無料デザインツールCanvaとは?できることを解説
https://saruwakakun.com/design/canva/whats

文章は細かくして脳にやさしく

文章を細かく分けて書くことも重要なポイントです。

ツイートの文章は細かく段落分けする

先ほどもお伝えした通り、人は楽をしたい生き物。
文字の塊を理解しようとすると、無意識に脳が疲れてしまいます。

文章を細かく分けてあげることで、一文一文を理解しやすくなってスッと頭に入ってきます。

Point

Twitterは流し見するもの、注意深く文章を見てくれる人は少ないないもの、と肝に銘じましょう。

人が集まる時間帯を狙ってツイート

みんながTwitterを使ってる時間に合わせて投稿するのもポイントです。

ほとんどの人はスマホでTwitterを見ます。
つまり、授業中や仕事中はスマホをいじることができないため、利用者数も減少します。

Twitterの時間別利用者数を調べたサイトによると、利用者数が多いのはお昼休みの12時~13時仕事終わりの19時以降とのこと。

twitter_time2
参考:Twitterでの告知/宣伝はこの時間がベスト!時間帯別アクティブユーザーの利用率からみえる最もシェアされる時間帯とは?(http://lab.appa.pe/2015-03/twitter-timeactive.html)

Point

利用者数が多い時間は見てくれる確率も上がるもの。人が多い時間に合わせて投稿しましょう。

まとめ

Twitterの反応率をアップさせるための3つのポイントをご紹介しました。最後におさらいです。

  1. 反応率を決めるのは写真が9割
  2. 文章は細かくして脳にやさしく
  3. 人が集まる時間帯を狙ってツイート

この3つのポイントを守るだけでツイートの反応率を変えることができます。
その結果、あなたの投稿が”読まれるツイート”に変化します!

ソーシャルメディアは立派なプロモーションツールです。作家としての知名度を上げるためにも3つのポイントをぜひ活用してください。