minne(ミンネ)でハンドメイド作品を出品してみたけど期待してたほど売れない…。
どうすれば売り上げが上がるのかわからない。そんなお悩みを持った作家さんも多いのではないでしょうか。

この記事ではこんなことを紹介しています。

  • ミンネで売れるための5つのポイント
  • 売れるためにハンドメイド作家としてできること
  • 売り上げを管理して商品の流れをつかむ方法

今から始められる方法をギュッと集めました。少しでも参考になればうれしいです。

minneバナー

ミンネで売れるための5つのポイント

ミンネは、アプリが累計700万ダウンロード、累計作品数500万点、作家登録数32万人。
ハンドメイドマーケットの最大手です。(2017年5月末現在)
副業の作家さんも多く、ものすごい数のショップ数なので、いちばん認知度のあるハンドメイドマーケットではないでしょうか。

そんなミンネで「売れない」商品を「売れる!」に変えるための5つのポイントとコツ、工夫をひとつずつご紹介します。

「売れない」を変えるポイント1.お客さん目線の商品写真を掲載する

「売れない」を変えるポイント1.お客さん目線の商品写真を掲載する
キレイな写真であることはもちろん、もうひと工夫してお客さんの目線に立った写真を載せましょう。
通販は実物を見ることができないので、商品の写真は売り上げにものすごく影響します。

お客さん目線の写真はこんな感じです。

お客さん目線の写真1.大きさがわかる写真

商品だけの写真は大きさがわかりにくいことがあります。
そんなときは商品以外のものと一緒に写してあげるのがポイントです。

雑貨などの小さな商品なら、マグカップやスマホと並べた写真を載せる。手に持った写真を載せる、など。
比較することで商品の大きさがわかりやすくなります。
手のひらサイズのぶた雑貨「SLICE PIG-スライスピッグ-」

お客さん目線の写真2.商品を使っているシチュエーション写真

商品だけの写真では、どんなふうに使えるのかイメージしにくいことがあります。
そんなときは商品が使用されているシチュエーションを写してあげるのがポイントです。

アクセサリーなら身に着けた写真を載せる、など。
そうすることで身に着けたときどんな見た目になるのか、どんな服装と組み合わせることができるのかを判断できます。

まず興味を持ってもらうためには、写真が大切です。キレイな写真はもちろん、大きさやどのように使うかわかりやすい写真を心がけましょう!

「売れない」を変えるポイント2.商品説明を充実させる

「売れない」を変えるポイント2.商品説明を充実させる
写真でお客さんの目をひいたら、次は商品に対する「理解」と「信頼度」を高めましょう!

実物を見れない通販は、写真だけでは特徴や機能が伝わりにくいことがあります。
なので商品説明は重要なんですね。

こんなことを商品説明に取り入れてみてはいかがでしょうか。

商品説明に組み込む1.なぜその商品を作ったのか。作品にかけた想い

ハンドメイド作品を販売するときに、「なぜその商品を作ったのか。作品にかけた想いとはなにか」を書くことはすごく大切です。
ハンドメイド作品を買ってくれるお客さんは、他では手に入れることのできないオリジナリティに魅力を感じています。

ひとつひとつ作り上げたオリジナルな作品には、その作品を作るための特別な理由があるはずです。
作品にかけた想いを書くことで、お客さんの共感を生み、購入につながりやすくなります。

商品説明に組み込む2.大きさ

縦×横×高さをなるべく正確に書きましょう。
ネックレスなどのアクセサリーなら、石の大きさやチェーンの長さ。服であれば着丈など。
自分が通販でモノを買うときにチェックしているところは、同じようにお客さんも気になるポイントです。

商品説明に組み込む3.材質

その商品がどんな素材でできているのか、アクセサリーなどの身につけるものは特に注意が必要です。直接肌に触れる商品は、人によってはアレルギーが出てしまうこともあるからです。
なかでも金属アレルギーを持ってる人は多いので、使用している金属の種類はしっかりと書いて、注意事項も載せてあげます。

一般的に「金属アレルギーを引き起こしやすい」と言われているのはこれら5つ。

  • 水銀
  • ニッケル
  • コバルト
  • スズ
  • パラジウム

欲しいと思ってもらえても、材質が書いてないことで買ってもらえるチャンスを逃すことも。材質は細かく載せておきましょう。

商品に込めた想いをしっかり書くことを忘れずに!
身に付けるものは購入する人の立場になって、体質にも気を配りましょう。

「売れない」を変えるポイント3.集客のためにSNSを活用する

「売れない」を変えるポイント3.集客のためにSNSを活用する
いくら良いモノを取りそろえていても、見てもらう・知ってもらうことができなければ売り上げアップは期待できません。
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用して商品を上手に宣伝しましょう。

SNSでは作品の紹介やイベント出展の告知など、ハンドメイド作家としての活動をお知らせするのが効果的です。
より多くの人に情報を届けるためにも、フォロワーを増やして拡散力を上げましょう!

2017年現在、主要なSNSは「Twitter」「Facebook」「Instagram」です。
それぞれのサービス別にフォロワーを増やす方法をご紹介します。

Twitterのフォロワーを増やす

Twitterのフォロワーを増やす
Twitterは「つぶやく」ツールなので、肩の力をぬいて運用できます。
“リツイート”や”いいね”、”ハッシュタグ”など拡散の方法も多いので、SNSをやっていない人はTwitterから始めてみましょう。

公式アカウントでもフォロワーを増やす方法がアナウンスされてるので、以下のことを参考にしてください。

お客さんが興味を持つ情報をツイートする
ハンドメイド作家として自分の商品をアピールするために、つぶやく情報は新作のお知らせや制作過程など、商品に興味を持ってもらえる内容にしましょう。
画像や動画を利用しましょう
たくさんの人をフォローしているユーザーのタイムラインには、毎日大量の情報が流れてきます。他の人に埋もれずツイートを見てもらうためには、目を引く写真や動画があると効果的です。
アイコンやプロフィールページをわかりやすく
アイコンは、SNS上であなたの「顔」となるもの。
未設定のままや、芸能人・アニメアイコンなどを使用しないで、自分の作品に関連するものをアイコンに設定しましょう。

プロフィールは、興味を持ってくれたユーザーに対して自分を知ってもらうためのもの。ハンドメイド作家としてどんなものを作っているか、どんな活動をしているかなどを詳しく書きましょう。

自分の商品に興味を持ちそうなユーザーをフォローする
フォローされたらフォローし返してあげたくなるのが人というもの。他のユーザーさんをどんどんフォローしていきましょう。
ただし、手当たり次第にフォローするのではなく、自分の商品に興味を持ってくれそうなユーザーに限定しましょう。
検索窓に自分の商品と関係しそうなワードを入れて検索して、それについてのつぶやきをしてる人やプロフィール欄に明記してるユーザーはフォローしてもよいでしょう。

Facebookのフォロワーを増やす方法

Fecebookのフォロワーを増やす
Facebookは実名でのやりとりが基本のため、”リアル”な友達とのつながりを増やすツール。ただページを作っただけではなかなかフォロワーは増えません。
なるべく簡単な方法をピックアップしたので、できる範囲で実践しましょう。

自分のファンになってくれそうなユーザーにいいね!する
やはりこちらからアプローチするのが一番の近道。投稿をチェックしていいね!をしてみましょう。
友達にお願いする
すでに友達になってる人にお願いして自分のFacebookページをシェアしてもらうことで、その友達のタイムラインにも情報が掲載されます。うまくいけばそのまま拡散につながるケースも。

Instagramのフォロワーを増やす方法

Instagramのフォロワーを増やす
Instagramはリツイートやシェアの仕組みがないため、TwitterやFacebookと比べるとフォロワーを増やすのが難しいです。
Instagramでフォロワーを増やすための参考として簡単にできそうな項目をピックアップします。

ターゲットオーディエンスになりうる人々が投稿した画像をランダムに100枚「いいね!」してみましょう
100投稿に「いいね!」をすると6.1以上のフォロワーが増えたそうです。
他のユーザーの写真に「いいね!」やコメントを付けましょう
これは、新しいフォロワーを獲得するための最も自然な方法です。
日曜日に投稿しましょう
日曜日は投稿数が少ないので、より多くの可視性を得ることができます。
アカウントの運用に一貫性をもたせましょう
誰のために、なぜ投稿しているのですか?Instagramというプラットフォームを一貫性を持って使うことで、フォロワーは自然に増えていきます。
ブランドのハッシュタグを作成しましょう
ハッシュタグを提案し、それを使用するように信者を促します。これは、ファンがブランドに愛着を感じることを推進するとともに、ブランドの可視性を向上させます。

引用元:ソーシャルメディアマーケティングラボ Instagramのフォロワーを無料で増やす50の方法【編集長藤田のここだけの話】

SNSでフォロワーを増やす方法まとめ

どのSNSでも、フォロワーを増やすためには以下のポイントが基本のようですね。

  • 自分が出品しているハンドメイド商品に興味がありそうなユーザーを見つける
  • お客さんになりそうなユーザーの投稿にいいね!やコメントを残す

ハンドメイド作家として商品をアピールするためにSNSを運用するのであれば、プライベートな内容は発信しないことも重要です。

芸能人や有名人なら、その人のプライベートを見られるのが楽しみだと思います。
でも、あなたのSNSを見てくれる人は、あなたの商品や活動を見てるだけで、あなた自身に興味があるわけではありません。

商品写真や制作過程の投稿の中に、急に昨日食べたラーメンの写真などを載せてしまっては、「ハンドメイド作品の投稿」という一貫性からズレてしまいます。

結果的にフォロワーの期待を裏切ることになりかねないので、アカウントの運用に一貫性を持たせることは忘れないようにしましょう。

「売れない」を変えるポイント4.検索にヒットする商品名を付ける

「売れない」を変えるポイント4.検索にヒットする商品名を付ける
SNSを運用することと同じぐらいに検索にヒットすることは重要です。
ここで悪い商品名と良い商品名の例をご紹介します。

【悪い商品名】
ネックレス その1

【良い商品名】
猫のお昼寝ネックレス

違いはハッキリわかりますね。
猫のネックレスが欲しいと考えてる人は、どんな風に検索するでしょうか?
「猫 ネックレス」それか「ネックレス 猫」と入力して検索してるはずです。

悪い例には「ネックレス」というキーワードは入っていますが、それがどんなネックレスなのかはタイトルだけではわかりません。
良い例には「猫」「ネックレス」と、キーワードとモチーフがしっかりと入っています。

検索されるキーワードを商品名に入れることで、Googleにもミンネの検索にもヒットします。
検索にヒットして見てくれる人が増えれば、購入される可能性も増えるサイクルが生まれます。

商品名は「モチーフ」+「アイテム」をルールにしてつけてみましょう。

・輪切りのブタのメモスタンド
・夏にピッタリ!さらっとブラウス
・ハロウィンのおばけブローチ
・iPhoneスピーカー【木製】
・壁掛けグラフィック-北欧風-
などなど。

「売れない」を変えるポイント5.プレゼント需要に対応する

「売れない」を変えるポイント5.プレゼント需要に対応する
ハンドメイド作品は誕生日やちょっとしたプレゼントとして購入されるお客さんも多いです。
商品は通販で買えても、ラッピング用品は自分で買わないといけないのはメンドクサイ・・・。

プレゼント用のラッピングに対応してるだけで、グッと購入につながりやすくなります。
おうちで簡単にできるラッピング方法はいろいろなサイトで紹介されています。参考にして今すぐプレゼント需要に対応しましょう。

かわいい海外ハンドメイド品ラッピング 画像集

ミンネで売れないときにハンドメイド作家としてできること

売れないことを悩むより、商品が売れないときにこそハンドメイド作家としてできることをまとめます。

自分が「欲しい」と思った商品の特徴を覚えておく

売れないのは、お客さんが欲しい!と思うような「心動かす何か」が足りていないのかもしれません。
そんなときは、自分自身がモノを買うときのことを思い出してみましょう。

「欲しい」を見つけるためのトレーニング方法

毎日の暮らしの中で、モノを買わずに過ごす日はほとんどありません。
スーパーで買うとき、デパートで買うとき、ネットで買うとき、何が決め手だったのかを意識するようにします。

お題:スーパーでジャムを買おうとしたとき、何が決め手だったのか。
パッケージのイラストがかわいかったから?甘さ控えめの文字が目に入ったから?値段と量がちょうどよかったから?
商品に対して何をいいと思うかは人それぞれなので正解はありません。
ここで大事なのは、商品を買う決め手になったポイントを意識しておくこと。買う側の視点を持つことで、商品に活かせるところがないかヒントを見つけやすくなります。

日々「欲しい」を見つけるトレーニングを繰り返して、商品のクオリティアップに活かしましょう。

売れないからといって安易な値下げはしない

ハンドメイド作品は、「材料費」+「時給(儲け)」=「商品の値段」が基本です。
当たり前のことですが、値段を安くするのは儲けが減ることにつながります。

作るのに2時間かかるのに、儲けが100円にしかならないような商品ではモチベーションを保ったまま作り続けられません。
値下げした分を取り戻すために、材料費を削る→値段の安い材料を使うことになる→クオリティが下がり安っぽい商品になる→余計売れなくなる。という負のスパイラルになる可能性もあります。

ただ値段を下げるのではなく、作りかたを見直すことで相対的に儲けを確保する方法を考えてみましょう。

  • 材料を大量購入して、ひとつひとつの単価を下げる
  • 効率のいい作りかたを見つけて、作業時間を半分にする

ハンドメイド作家として作り続けていくために、商品の価値を下げることのないように値段を設定しましょう。

作品数を増やす

ミンネだけでもハンドメイド作品はものすごい数が出品されています。100個の中に1個だけ当たりが入っている福引よりも、100個の中に10個の当たりが入っている福引の方が当選の確率は上がります。

同じように、ハンドメイド作品も1個だけ出品しているよりも、10個の商品を出品している方がお客さんの目にとまる確率が上がります。

複数の作品を出品することで、あなたの作家性や商品の傾向がつかめるので、ファンができやすいメリットもあります。

お肉屋さんのように、1つのテーマに絞ってお店を展開することで「お肉ならあの店」という専門性を出すもよし。
コンビニのように、ある程度の品数を幅広くそろえることで「あの店に行けば何かあるはずだ」という汎用性を出すもよし。
作品数を増やすことで自分の色を出してみるのもおすすめです。

ちなみにトンソクデザインは、ぶた雑貨に絞って商品を展開することで「ぶたグッズならトンソクデザイン」を目指しています。
トンソクデザインギャラリー

他のハンドメイド販売サイトにも出品してみる

ハンドメイド販売サイトはミンネだけではありません。
ミンネしか見ないお客さん、他のハンドメイド販売サイトしか見ないお客さんもいます。

1つのサイトに出品するよりも、いろんなサイトに出品することで、アプローチできるお客さんの幅も広がります。
サイトによって客層が違うため、ミンネでは売れないけど別のサイトでは売れるケースもあります。

ハンドメイド販売サイトについて知りたい人は「【2017年版】ハンドメイド販売サイトまとめ」をぜひご覧ください。

売り上げを管理して、商品の流れをつかむ

「ミンネ 売れない」を改善するために努力を続けたら、商品の売り上げが伸びてきた!
そんなあなたが次にすることは、売り上げを管理して商品の流れをつかむことです。

売り上げの流れをつかむことで「毎年この時期に売り上げが伸びる」と判断できれば、商品の在庫を用意しておくことで機会損失を防げるなどのメリットがあります。

売り上げの管理はノートに手書きする、エクセルのシートで管理するなど人それぞれやり方があると思いますが、ひとつオススメの管理方法をご紹介します。

ハンドメイドの売上管理アプリ「Airレジ」

AirレジはiPhone、iPadがあれば「何が」「いつ」「どれぐらい」売れたのかを、本格的なPOSレジ機能で利用できるサービスです。
※POSレジとは
正式名称は「販売時点情報管理(POS)」。商品を販売した情報を記録・集計し、集計した情報を管理したり分析したりできるレジのこと。

Airレジでハンドメイドの売り上げを管理するメリット

無料
基本的には使用料は無料です。レシート印刷などは別売りの機材を購入することでより本格的なレジ機能を実現できますが、売り上げ管理自体は無料で使用できます。
月ごとに売れた数を視覚的に管理できる
「いつ」「どれぐらい」売れたかを、グラフで視覚的に見分けることができます。文字だけよりも流れがつかみやすくなります。
データを一元管理できる
ネット上だけの販売はもちろん、デザインフェスタなどのイベントに出展したときも便利です。イベントでは売り上げを紙に記録する人が多いですが、紙は紛失の可能性が高いです。
片付けの最中にどこかに紛れてしまったり、最悪ゴミと間違えて捨ててしまうケースもあり得ます。
その点スマホやiPadなら肌身離さず持ち歩くので紛失する心配もありません。ネットで売れたもの・イベントで売れたものをしっかりと一元管理できます。
お金の計算にミスが出ない
もうひとつイベント出展時のメリットです。Airレジはその名の通り「レジ」としての機能が整っています。
あらかじめ販売する商品の値段を登録しておけば、合計金額やおつりは自動で計算してくれます。暗算での計算や、電卓の打ち間違いでミスをする心配がなくなります。

まとめ

ミンネ売れないを売れた!に変えるポイントと、売れないときにハンドメイド作家としてできることをご紹介しました。
最後におさらいとしてそれぞれの方法をまとめます。
ミンネ売れないを変えるための5つのポイント

  • ポイント1.お客さん目線の商品写真を掲載する
  • ポイント2.商品説明を充実させる
  • ポイント3.集客のためにSNSを活用する
  • ポイント4.検索にヒットする商品名を付ける
  • ポイント5.プレゼント需要に対応する

ミンネで売れないときにハンドメイド作家としてできること

  • 自分が心動かされた商品の特徴を覚えておく
  • 売れないからといって安易な値下げはしない
  • 作品数を増やす
  • 他のハンドメイド販売サイトにも出品してみる

今からできる方法ばかりなので、今すぐ実践してミンネ売れないから抜け出しましょう!