ロゴには著作権があるので、無断で使用すると違法になることもあります。
アニメや漫画のロゴマークをスマホケースに使ってもいいの?イラストの中にロゴを載せてもいいの?そんな疑問をなるべくわかりやすく解説します。

minneバナー

ロゴには著作権と商標権がある

image_02著作権と商標権は聞いたことはあっても、ちゃんと理解するのは難しいです。

商標とは、商品やサービスを他のものと区別するためのトレードマークのこと。
それを日本で独占的に使用できる権利を商標権といいます。
Appleのリンゴのマークは商標権で守られているので、他社が勝手に使うことはできない、というわけですね。
商標権は特許庁に申請をしておかないと、たとえオリジナルなものであっても他人に権利を奪われてしまいます。

著作権とは、ロゴだけでなく音楽、イラストや写真まで、創作した人(著作者)に与えられる独占的な権利のことです。
例外を除いて、他の人が利用する場合は著作権者から許諾を得ないといけません。
商標権と違って、著作権は申請などをしなくても自動的に与えられます。

ロゴにはそれを創作した人の著作権と、トレードマークとしての商標権で守られているので、無断で使ってはいけないというわけです。

参考:https://crowdworks.jp/public/jobs/category/26/articles/71471
http://kids.cric.or.jp/intro/01.html

文字だけのロゴには著作権が認められない

・文字は万人が共有すべき文化的財産である
・文字は、情報伝達のためのものであり、本来的に実用的機能を持つものである
という考え方から、文字だけのロゴマークは著作権が認められないケースがほとんどです。

文字自体には著作権がある

文字だけのロゴには著作権が認められませんが、文字自体には著作権があります。
ちょっとわかりづらいですね。ひとつ例を挙げて紹介します。

フリーフォントをご存知でしょうか?
WEB上で公開されていて、誰でも無料でダウンロードできるフォントをフリーフォントと言います。標準のフォントにはない、スタイリッシュな文字や手書き風文字など特徴的なものがたくさんあります。

フリーフォントの例引用:http://zone108.main.jp/font/fz-gonta-kana.html

フリーフォント自体は個人・商用利用OKのケースが多いので、イラストに使ったりチラシに使ったりするのは自由です。

ただし、フリーフォントにもそれを創作した人(著作者)がいます。
あたかも自分が作ったかのように主張したり、販売したりすると著作権違反になってしまいます。
フリーフォントの配布ページには利用規約が載っているので、必ず確認してから使いましょう。

これって違法?ロゴの著作権Q&A

ロゴを使うシチュエーションごとに、違法かOKか一問一答でお答えします。

ロゴをスマホケースに使ってもいいか

条件によってOK
アニメや漫画、音楽バンドのロゴマークをスマホケースのデザインに取り入れても
違法にはなりません。ただし条件があります。自分で作って自分で使う分にはOKです。
著作権法第30条では、私的使用のための複製として、自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することができる。と認められています。

ただし、友だちにあげるのはダメで、販売するなんて問答無用でNGです。

ロゴを使ってTシャツを作ってもいいか

条件によってOK
「ロゴをスマホケースに使ってもいいか」と同じように、個人で楽しむ分にはOKです。
ただし、体育祭や文化祭のクラスTシャツに使いたい、などはやめておいた方がいいでしょう。何十枚も刷る時点で私的使用の範囲を超えています。
ひとりひとりが別々のロゴを自分自身で作成すれば大丈夫かもしれませんが、現実的ではないですね。

フリマアプリでロゴのコピーを作ってもらうことはできるか

どんな条件でもNG
フリマアプリなど、ネット上のサービスを使えばイラストやデザインを作ってもらうことができます。
お金を払うのでロゴマークのコピーを作ってほしい。そんなお願いはNGです。
ロゴは著作権で保護されていますが、むやみに複製してはいけないという「複製権」でも守られています。
たとえ金銭のやり取りが発生しない友だち同士でも、コピーを作ってもらうのは違法です。

風景写真にロゴが写っていた場合、そのまま写真を使ってもいい?

条件によってOK
著作権法第46条で「美術の著作物でその原作品が前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの又は建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。」とあります。

街路や公園など、屋外で一般公衆に公開されている場所では、看板や美術物が写っていても問題ありません。

ただし例外はあります。
たとえ屋外に設置されているロゴや美術物でも、それを主体として写真やイラストを販売した場合は、著作権侵害となってしまうので注意が必要です。

イラストの中に、実在するロゴをトレースして載せて公開してもいい?

どんな条件でもNG
自分で描いた絵に現実感をプラスするためにロゴを載せて、自分だけで楽しむなら問題ありません。でも、それをネットに公開してしまったら世界中の人が見れるようになってしまうのでNGです。

まとめ

ロゴは著作権と商標権で守られているので、勝手に使ってはいけませんが、個人で楽しむための利用なら問題ないことがわかりました。
アニメや漫画のロゴは自分でも使ってみたくなるもの。でもそこにはちゃんとルールがあることは忘れないようにしましょう。

以上、スマホケースにロゴを使ったら違法?ロゴの著作権について調べてみたでした。

関連記事

ランサーズでオリジナルロゴを依頼したら、51件集まった

オリジナルロゴの作り方を6つのステップで解説!