手のひらサイズのぶた雑貨「SLICE PIG-スライスピッグ-」はハンドメイド作品として、ネット通販やデザフェスなどのアートイベントで販売しています。

今回はパッケージにも使っているロゴをプロにデザインしてもらうことにしました。

輪切りのぶたのメモスタンド

ロゴの作成方法は、クラウドソーシングとして有名な「ランサーズ」にお願いするだけ!
ランサーズでどれだけロゴが集まるのか、いくらかかるのか、作成方法のコツは?
ロゴ作成のあれこれをまとめています。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と依頼に応える人をウェブ上でマッチングするサービスです。

ロゴ作成を依頼するには、希望するテイストや参考になるデザインを依頼画面に登録して提案を待ちます。
集まった提案の中から気に入ったデザインを選び、当選者に報酬を支払うという仕組み。
クラウドソーシングの仕組み

クラウドソーシングとして有名なサービスは「クラウドワークス」と「ランサーズ」がありますが、今回はランサーズでロゴ作成を依頼してみました。

ランサーズでロゴ作成を依頼する

設定した金額

ランサーズでは、作業してくれるクリエイターさんのことを「ランサー」と呼びます。
ランサーに支払う報酬額は、高ければ高いほど提案が多く集まります。
でも、個人でお願いする場合はあまり高すぎる報酬はおサイフに厳しいです。

今回は報酬金額としては一番低いエコノミー:21,600円に設定しました。
報酬金額の設定
エコノミーだと予測される提案数は20件とのこと。果たしてどれぐらい集まるのか。

提案数とデザイン

結果から先にお伝えすると、エコノミー:21,600円の報酬金額で、51件の提案が集まりました!予測を上回る提案数と高いクオリティです。
提案されたロゴ

決定したロゴデザイン

集まったデザインの中で最終候補まで残ったのは以下のデザイン。どれも商品の特徴をうまくロゴに取り入れているため、どのデザインも甲乙つけがたい。
最終候補まで残ったロゴデザイン
悩みに悩んだ結果、最後までひとつに絞ることができず、以下の2案を当選とさせていただきました。
当選したロゴデザイン
(当選数を増やしたので支払うお金も2倍になっています。cozen様、l_golem様どちらにも報酬金21,600円をお支払いしました)

ランサーズでロゴを依頼するときのコツ

ロゴ制作を依頼してみて感じた、“ロゴ作成依頼のコツ”をご紹介します。
ロゴ作成のコツは全部で4つ。

  1. ロゴの希望イメージは詳細に伝える
  2. ひとつひとつ丁寧にフィードバックを返す
  3. ロゴ作成の相場を理解する
  4. 商標登録予定は「なし」の方が無難

ロゴの希望イメージは詳細に伝える

希望イメージはやりすぎなぐらい詳細に伝えることにしました。

まずはロゴをまとめたサイト「ロゴストック」から、作成してほしいロゴのテイストに近いもの、好ましいデザインのものを集めてDropboxに格納します。
Dropboxに格納したロゴ

共有フォルダを作ってURLを依頼画面に貼りつけ、ランサーさんが確認できるようにしておきました。
ロゴへのリンク

Dropboxを使ったフォルダの共有方法はこちらの記事がわかりやすかったです。
Dropbox のアカウントを持っていない友人と Dropbox のファイルを共有する方法

ランサーズの依頼画面でも希望のイメージを伝えることはできますが、こちらの希望するイメージをより具体的にわかってもらうためのひと工夫でした。

ひとつひとつ丁寧にフィードバックを返す

ロゴ作成の依頼はコンペ形式が一般的です。

コンペ形式とは?
「こんなロゴを作ってほしい」という依頼に対して、複数のランサーさんが提案をしてくれるのがコンペ形式です。
あらかじめランサーを決めて、ひとりの人に作成を依頼する「プロジェクト形式」もありますが、いろんなデザインから選べるコンペ形式の方がロゴ作成には向いています。

依頼を開始した始めはあまりロゴの提案が集まりません。
少し待つと2つ3つ提案があるので、いただいたロゴに対して「もう少しかわいい方がいい」「フォントは丸みを持たせてほしい」などフィードバックをします。

そのフィードバックを見た別のランサーさんが、あらかじめかわいくてフォントの丸いロゴを提案してくれるため、どんどん自分の好みに近いものが集まりやすくなります。

ランサーからしてみれば、せっかく提案しても採用されなければお金になりません。依頼者の要望に近いものを作った方が当選の確率も上がるので、フィードバックを参考にするランサーは多いようです。

いただいたロゴの提案にどんどんフィードバックして、集まりやすい環境を整えることをおすすめします。

ロゴ作成の相場を理解する

先にお伝えしたように、報酬金額が高いほどロゴデザインは集まりやすくなります。
たくさんのデザインの中から選ぶ方がいいと思われがちですが、逆に集まりすぎると捨てがたくて迷うというデメリットがあります。

実際当選ロゴを決めるまでには脂汗が出るほど悩みました。
だってこんなに素敵なデザインがいっぱい集まってるのに、ひとつになんて決められないよ!
頭の中は浮気を繰り返すダメ男のように、あのデザインもいい、このデザインも捨てがたいとフラフラ悩んでおりました。

悩みの末に出した結論は、ランサーズでのロゴ作成の相場はだいたい2万円、個人で依頼する場合はそれで充分です。

ロゴ作成の依頼はエコノミー:21,600円を設定して、どうしても希望するデザインが集まらなかった場合のみ、延長や金額の上乗せをすることをおすすめします。

商標登録予定は「なし」の方が無難

依頼画面に商標登録予定あり・商標登録予定なしが任意で選べるようになっていますが、商標登録予定「あり」を選ぶと提案が集まりにくい傾向があります。
なぜ集まりにくくなるかと言うと商標登録予定ありだとランサーは気軽にロゴを作れないことが原因です。

商標権とは、商標法で認められている権利で、登録した商標(トレードマーク)を
日本国内で独占的に使用することができるようになる権利のことです。

引用元: ロゴマークの商標登録と著作権 〜後で後悔しないために〜

商標権は自分の権利を主張できる有用な法律ですが、取得するためには世の中にすでにあるデザインと酷似していないか、登録できないフォントや素材を使っていないかなど注意しなくてはいけません。

ランサーからすれば、自分のアイディアが権利を侵害していないかを調査しながら作らないといけないため、通常より神経を使います。
その結果登録予定なしの案件と比べると提案が集まりにくくなってしまいます。

提案数を優先するなら商標登録はなしで依頼。商標登録予定ありで依頼したい場合は、報酬金額を上げてランサーへのリターンを大きくした方がよいでしょう。

まとめ

ランサーズを使ってオリジナルロゴを作成する方法をご紹介しました。
ロゴ作成を依頼するときのコツを最後におさらいします。

  1. ロゴの希望イメージは詳細に伝える
  2. 開始序盤は提案にフィードバックを返す
  3. ロゴ作成の相場を理解する
  4. 商標登録予定は「なし」の方が無難

自分ではなかなか作ることのできないロゴを、ランサーズを使って依頼してみてはいかがでしょうか。