2018年5月12日(土)・13日(日)、デザインフェスタvol.47が開催されます。

この記事では、デザインフェスタ(通称:デザフェス)に行ったことがないけど、会場の様子や混雑具合が知りたい。そんな人に向けて書いています。

出展したときと、一般参加したとき両方の経験を交えたポイントも紹介しているので、参考になればうれしいです。

minneバナー

デザフェスとは何か

デザインフェスタ46

出展:アートイベント・デザインフェスタ | ART EVENT DESIGN FESTA | DESIGN FESTA オフィシャルサイト

デザインフェスタ、通称「デザフェス」は1万人以上のアーティストがオリジナルの作品を出展、売買できるアジア最大級のアートイベントです。
海外の方もちょくちょく訪れるので、国籍を問わない国際的なイベントと言えます。

審査なしなので、どんな作品でも出展可能。

プロ・アマ問わず出展できますが、企業が売り込みのためにブースをドーンと構えている光景は見たことがありません。
アマチュアの人たちが自分の作品を展示・販売するのがメインです。

出展作品のジャンルはこんな感じ。
雑貨/絵画/工芸/写真/アクセサリー/人形/パフォーマンス/服飾/ライブ

なんでもありです。

会場に入るとものすごい数のブースと作品がエリアごとにあふれていて、空気が変わります。
ビッグサイト全体がパワーに満ちているので、イベント好きなら心の底からワクワクできること間違いなし!

デザフェス開催概要

デザフェス開催概要
名称
デザインフェスタ vol.47
会場
東京ビッグサイト西ホール全館
日時
2018年5月12日(土)・13日(日)
開催時間
11:00 – 19:00
出展ブース数
5,000(予定)

デザフェスチケット情報

デザフェスに遊びに行くには入場チケットの購入が必要です。
料金は当日券1,000円/前売り券800円

デザフェスは5月12日(土)・13日(日)の2日間ありますが、当日券1枚で土曜か日曜どちらかに入場できます。
両日遊びに行くなら土曜と日曜両方のチケットを買いましょう。

時間とお金に余裕があれば、2日間に分けて回ることをオススメします。
トンソクデザインは出展での参加が3回、一般参加で2~3回デザフェスに行っていますが、これまで一度も全部のブースを見れたことがありません。
魅力的な作品であふれているので、ビッグサイトの広い会場を回りきるだけの体力がもたないことがほとんどです。
土曜と日曜どちらかにしか出展しない作家さんもいるので、100%楽しむためには両日参加しましょう。

デザフェスの当日券を買うためには並ばないといけない?

コミケみたいにビッグサイトをぐるっと一周するような行列はできないよ。
あくまでも体感だけど、どんなに並んでも10分ぐらいで買えるんじゃないかな。

デザフェスの混雑状況

デザフェスの混雑状況開場直後はやっぱり人も多くて少し混雑します。

会場内はちょっと通路がせまいスペースだと、お互いにゆずりあわないとブースが見れない程度には混雑します。
お子様と一緒にまわるときははぐれないように注意してください。
もしもはぐれてしまった場合には、インフォメーションセンターがあるのでスタッフに迷子の呼び出しをしてもらいましょう。

コンビニ、レストラン情報

りんかい線の国際展示場駅から東京ビッグサイトまでは徒歩10分程度。駅と会場内を含めるとコンビニは4つほどあります。
駅前、中間、会場入場口外すぐ、会場内。

レストランはビッグサイト内にたくさんありますが、来場者も多いのでお昼時は行列ができることも。
少し時間をずらしてから行くか、混雑覚悟で並びましょう。

売り切れに注意

デザフェスで売られている作品は、アマチュアの人が個人で作っていることがほとんどなので、必ずしも在庫がたくさんあるわけではありません。

もう少し他のブースを見てから考えようとしてると、戻ったときには売り切れてることも本当に多いです。
デザフェスでの出会いは一期一会のつもりで、お気に入りの作品を逃さないようにしましょう。

まとめ

デザフェスの概要についてご紹介しました。
デザフェスの魅力は、普段目にすることのない1万人を超えるクリエイターたちの作品に出会えること。

とにかく楽しくていろんな刺激がもらえて、自分も何か作ってみたいと思わせるエネルギーに溢れています。
春・夏・冬、年に3回だけのアートのビッグイベントをぜひ楽しんでください。

▼トンソクデザインの過去の出展情報

関連記事

デザフェスの売上げを変えるブースレイアウト

デザフェスで赤字にならない!今すぐできるたった2つのポイント