2017年4月1日2日に開催された、アートダイブ#12に出展しました。
初めての大阪、初めてのアートダイブだったので、イベントの参加レポートと大阪観光の感想をあわせてレポートします!

minneバナー

いざ、インテックス大阪へ!

アートダイブの会場はインテックス大阪です。
新大阪から約40分。乗り換えが多いのででっかい荷物を持ってるとちょっと大変。

会場入り口前には大きなフラッグが設置されてます。
アートダイブ入り口
トンソクデザインのスライスピッグもこちらに掲載されてますよ*\(^o^)/*
入り口の展示にもスライスピッグが。
入り口を進むと荘厳な作りのドームが。うーん骨組みが細かい。
インテックス大阪のドーム
インテックス大阪はいくつかの会場に分かれていて、広場はにぎわっています。
ちなみにアートダイブと同じ日にラブライブのイベントもあったようで、写真のにぎわいはラブライブ参加の方達です(笑)
インテックス大阪広場

到着後すぐさまブースの設営にとりかかり。今回はこんな感じです。
スライスピッグの展示

客引きのためにでっかいブタのオブジェとポップ設置はいつも通り。

今回は木枠を積み上げてみました。高さを出して遠くのお客さんの目にとまるようにするのと、ブタの世界観と木のカントリー感を演出するための試作です。

でもちょっと木枠の色が暗かったかな?これは次回への反省点です。

会場の様子はこんな感じです。
アートダイブ会場の様子
ワークショップが行われてたり、企業の出展も。
アートダイブで開催されるワークショップ
スマホケースの展示販売もしてます。
IMG_3880

名古屋で参加したハンドメイドイベントの「クリエーターズマーケット」でもそうでしたが、とにかく会場内は薄暗いですね。

小学校の体育館の方がはるかに明るいと思います。
商品をきれいに見せるには照明の持参かレンタルが必須ですが、出展費用を抑えるために今回は用意しませんでした。
こちらも次回への反省点です。

夜の大阪観光へ

さてここからは、アートダイブ1日目終了後に夜の大阪へ繰り出した観光レポートです。

大阪は人生初、そして1番好きな食べ物がたこ焼きなトンソクデザインは、とにかく楽しみでしょうがなかったんです。

行きたいところは山ほどあるけど、時間は限られてる。
今回はザ・大阪感を味わうために通天閣へ!
あのコテコテの大阪感をぜひ味わってみたい。期待は膨らみます。

通天閣到着

夜の通天閣へ
テレビでしか見たことのなかった通天閣が目の前に!
まずはタワーの写真を撮りつつ飲食街へ。
すごい!これぞ大阪!と言わんばかりの色づかいや、人のにぎわいで活気に溢れています。

通天閣はとにかく串カツ屋が多いですね。とゆうか串カツ屋しかほぼない(笑)
とりあえず一周回って様子をうかがいつつ、比較的空いてそうな「串かつ たこ焼き 丸かつ」というお店へ。
串かつ たこ焼き 丸かつ

初めての本場大阪の串カツ屋楽しみだなぁ♪
注文をして先にあるビールを飲みつつ運ばれるのを楽しみに待つ。
待つ…待つ…待つ……こない。

うん。めちゃくちゃ遅いね。店員さん足りてないね。店員さんお客さんに態度よくないね。

さっ、気持ちを切り替えて次の店行こう!

2軒目も串カツ屋さん。「名代 鶴亀家」へ。
こちらは注文してから5分ぐらいできた!はやっ!さっきのはなんだったんだ。
名代 鶴亀家
店も活気があって広い店内はほぼ満員です。
やっぱり空いてるのは空いてる理由があるんですね。

こちらのお店では串カツを堪能できました。

こうして忙しいながらも大阪の夜を楽しむことができたのでした。

まとめ

初めての大阪での出展でしたが、スライスピッグは比較的良い反応をもらえたかと思います。
足を止めて見ていただいた方、名刺をかわいいと言って連れて帰ってくれた方、ご購入いただいた方。
皆さま本当にありがとうございました。
また機会があったら大阪でも出展できれば嬉しいです。