ハンドメイド通販を初めてみたいのなら、ミンネ(minne)がおすすめです。
ミンネは数あるハンドメイド販売サイトの中でも作家数、作品数、利用者数ともに最大級です!

すでにハンドメイド通販を始めたけど、ミンネが売れないとお悩みのあなた!どんな人がミンネを利用してるか知ってますか?
売上アップのためには、ミンネを取りまく状況を把握する必要があります。

この記事では、ミンネの利用者層・年齢層・どうやって作品を見てるのかなどを、データをわかりやすく視覚化したインフォグラフィックを使ってご紹介します。

ミンネの今がわかれば売れるための対策がわかります。作品作りの参考になるとうれしいです。

minneバナー

minne(ミンネ)のダウンロード数・作家数・作品数

アプリダウンロード数
ミンネのアプリダウンロード数
ミンネのアプリは累計800万ダウンロード越え。

EC・通販・ネットショップ運営を支援するビジネスポータルサイト「ECのミカタ」によると、ハンドメイドアプリの利用者のうち、8割がミンネを使っているそう。クリーマの利用率が3割とのことなので、どれだけミンネの影響力があるかがわかります。

▼「minne」の利用率8割超、さらなる新しい動きとは【ADDIX調べ】
https://ecnomikata.com/ecnews/10993/・

作家数
ミンネの作家数と作品数

ミンネの作家数は36.5万人。作品数は605万点。

同じくハンドメイドサイトとして大手のクリーマと比較してみましょう。
クリーマの作家数は9万人。
作品数は400万点。

ミンネの方が4倍ほど作家数が多いです。気軽に出品できる場として根付いていることがうかがえます。

ただ、クリーマの方が作家数に対しての作品数が多いですね。
ひとりの作家さんが複数出品する傾向なのでしょうか。

視点を変えて、ここからはミンネを利用するユーザーさんの状況を見ていきます。

ミンネへのアクセスデバイス
ミンネで買い物をするユーザーさんは、どうやってミンネにアクセスしているのでしょうか。
利用の内訳を見ていきましょう。

ミンネの利用デバイス
スマホのアプリからの閲覧:70%
スマホのブラウザからの閲覧:20%
パソコンからの閲覧:10%

なんと、ミンネを利用するユーザーの90%がスマホからのアクセスです。
ミンネで売れるためには、スマホで見たときに作品が魅力的かどうかに全力を注ぐべきです。

例えば商品写真。
パソコンは画面が大きいので、細かい部分も見たり読んだりできますが、スマホは画面が小さいので、細かいパーツやテキストは見えづらいことがあります。

もちろん拡大すれば見えますが、ユーザーさんはひと手間かけないといけません。スマホでパッと見たときに魅力が伝わる写真を載せましょう。

ミンネを使用しているユーザーの年齢層
ミンネを利用しているユーザーさんの特徴を見ていきましょう。

ミンネを使用しているユーザーの年齢層
利用している年齢層は20〜40代。

ミンネ利用者の男女比
男女比を見るとミンネ利用者の93%が女性!

ミンネで売れるためには、女性向け商品の方が有利になりそうですね。

ただ、男性向け商品が全く売れないとは限りません。
利用者の中にわずかに男性がいることはもちろんですが、家族・友達・恋人へのプレゼントととして、男性向け商品を探している女性ユーザーさんがいることを忘れてはいけません。
男性向け商品を扱うのであれば、プレゼント需要を狙うのがポイントかも!

まとめ

ミンネを取り巻く数字をイラストを交えてご紹介しました。最後におさらいです。

  • アプリは累計800万ダウンロード突破
  • 作家数は36.5万人、作品数は605万点
  • 利用するユーザーの90%がスマホからのアクセス
  • 利用するユーザーの年齢層は20〜40代
  • 利用するユーザーの93%が女性

ミンネの今を知ることで売れるためのヒントが見つかるかもしれません。
利用するユーザーさんを知ることで、ミンネで売れないとお悩みならこれらの情報を参考にしてみてください。

関連記事

ミンネの手数料は高い?安い?販売サイト別手数料まとめ

ミンネで売れない作家を卒業!マネする5つの売上UP方法(minne)